コミュファ光キャンペーン【2018年度版】

2018年08月28日UP
最大120,000円キャッシュバック開催中!!
コミュファ光では現在最大120,000円のキャッシュバックキャンペーンを開催中です。
↓キャッシュバック付きお申し込みはこちら↓


コミュファ光は東海エリアでは人気が高いインターネット光回線です。
コミュファ光は中部電力の系列で、安定した回線とお得なキャンペーンが人気の秘密でもあります。

コミュファ光のように一部のエリアでのみ提供されているサービスは、地元の方には人気がありますね。
関東エリア限定のサービスであるNURO光などもそのひとつです。

ただ、インターネット光回線を選ぶ場合には、やはり他のサービスに比べてなんらかのメリットがなくては選択することはできません。
そこで、コミュファ光が他のインターネット光回線に比べてどんなメリットがあるのかを調べてみました。

また、ご存じの方は少ないかもしれませんがコミュファ光はauひかりと深い関わりがあります。
というのも、コミュファ光の筆頭株主はKDDI株式会社となっていて、つまりはコミュファ光はKDDI株式会社の傘下になっているということです。
さらに、コミュファ光のホームページを見るとわかりますが、ちょくちょく「au」とか「auスマートバリュー」なんて言葉が出てくるんですよね。
ということで、こちらのページでは、コミュファ光とauの関係や共通したサービスなどについてもご紹介していこうと思います。

コミュファ光にするかauひかりにするか迷っている方は特に参考になればうれしいです。

コミュファ光とは

「コミュファ光」ってあまり聞きなれない方も多いと思います。
なぜなら、コミュファ光は東海地方でしか提供されていないサービスだからです。
東海地方というのは具体的には、愛知県・岐阜県・静岡県そして三重県になります。

コミュファ光を運営しているのは、中部テレコミュニケーション株式会社(ctc)という会社で、名古屋に本社があります。
KDDI株式会社と中部電力株式会社が株主となっていて、もともとは中部テレコム・コンサルティング株式会社という名前で調査会社として設立されました。

その後、中部テレコミュニケーション株式会社に社名を変更して、回線事業を行うにあたり、KDDIと連携をとるようになりました。
ですから、地方の小さな会社が提供しているサービスということではなく、大元をたどるとKDDIや中部電力ということなので、安心して利用できるサービスだと思います。

中部テレコミュニケーション株式会社がコミュファ光を提供し始めたのは2002年11月からで、日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足調査、オリコン日本顧客満足度調査、RBB TODAYブロードバンドアワード、価格.comプロバイダ満足度ランキング、RBB SPEED AWARDなど数々の調査において優秀な結果を出して受賞をしています。

ここまでを見てみると、コミュファ光のサービスは優秀だということがわかりましたが、気になるのがauひかりとの関係です。
コミュファ光はKDDI株式会社の傘下ですが、東海地方でもauひかりのサービスは提供されています。
じゃあ東海地方の方はKDDI株式会社とauひかりのどっちを選べばいいの?という疑問が生まれます。
そこで、今度はコミュファ光とauひかりの違いについてみてみましょう。

コミュファ光とauひかりの違い

コミュファ光とauひかりの違いですが、利用する側として気になるのは

・料金
・回線速度や安定性
・キャンペーン

これらが主にチェックすべきところだと思います。
ということで、それぞれをコミュファ光とauひかりで比較していきます。

料金プラン

回線料金プラン月額料金回線速度
コミュファ光1ギガホーム5,550円
ギガスタート割適用で4,300円
最大1Gbps
300メガホーム 5,050円
ギガスタート割適用で4,350円
最大300Mbps
30メガホーム 4,110円
auひかり ずっとギガ得プラン1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
最大1Gbps

上記は戸建て用の料金プランです。
同じ1ギガプランで比べると、ちょっとだけコミュファ光の方が安いですね。

共通点としては、コミュファ光もauひかりもスマホ料金が割引になるauスマートバリューが適用できる点です。
auスマートバリューは、コミュファ光またはauひかりと一緒にauのスマホを利用していると適用することができる割引で、最大2年間毎月最大2,000円が割引されます。
しかも、それが家族のauユーザーにも適用されるので家族でauにまとめて使うとかなりお得になることがわかります。

ただ、コミュファ光のギガスタート割はauスマートバリューと併用ができません。
ですからもしauスマートバリューを適用する場合には、5,550円になりますのでコミュファ光の方がやや高くなります。
しかし、まだそれだけでコミュファ光よりauひかりが良いと決めるわけにはいかないのです。

回線

インターネットの回線速度って、気にする方と気にしない方で別れると思います。
回線速度を気にする方って、オンラインゲームをよくやる方や株取引であったりFXなんかをやる方が多いイメージです。
オンラインゲームは回線が安定していなかったり速度が遅いと、対戦ものなどは特に一瞬でやられてしまいます。
株取引やFXも1分1秒を争う世界ですから、ちょっと回線が途切れた為に数百万円の損をするなんてこともあり得ます。

一方、普通にネットサーフィンとかYouTubeしか見ないというような方、あまりネットとかパソコンに詳しくない方は回線速度についてあまり気にしていない方が多いと思います。
しかし、せっかく同じお金を払ってサービスを利用するのであれば、よりよりサービスを利用したくありませんか?
例えばネットサーフィンにしても、サイトを開くのに時間がかかったり、YouTubeやHuluのような動画サービスを見ていて、途中で回線が止まったり途切れたりしたらストレスになりますよね。

だからこそ、インターネット光回線を選ぶ時には回線の速度や安定性はとても重要なのです。
では、コミュファ光とauひかりの回線はどうなのでしょう。

まず、コミュファ光はプランごとに回線速度が違います。
1ギガホーム、300メガホーム、30メガホームと3つのプランがありますが
それぞれの速度は実際に利用する時、どの程度なのでしょうか。

~30メガあまり画像がないホームページの閲覧、文章のみのメールの送受信には問題ありません。
~100メガ画像がたくさんあるホームページの閲覧、ファイルを添付したメールの送受信が可能です。
~500メガYouTubeなどの動画再生も問題なく楽しめます。
~1ギガ高画質の動画再生、大容量ファイルのダウンロード、オンラインゲームなどが問題なく利用できます。

おおむねこのような感じで理解していただければ大丈夫だと思います。
つまり、500メガあればだいたい問題なくインターネットを楽しむことができそうですね。

しかし、ここで注意したいのが「実際に出る回線速度は別」ということです。
どういうことかというと、いろいろなインターネット光回線のホームページを見ると、そのほとんどが回線速度を「最大1Gbps」と表記しています。
しかし、これはベストエフォートといって、あくまでも「最大」の数値となります。
インターネット回線は、同時に利用している人数が多くなればなるほど回線速度が下がります。

道路で例えると、ADSL回線は一般道、光回線は高速道路のようなものとします。
一般道は制限速度が60kmなのに対し、高速道路が100kmだとしたら、高速道路を走った方が明らかに速いのはわかります。
しかし、高速道路もゴールデンウィークや年末年始のように利用者が多くなる時期には、混雑してしまって100kmも出すことができなくなりますよね。
インターネット回線もそれと同じで、一気に利用者が増えると混雑して遅くなってしまうのです。

ですから、1Gbpsで契約していても実際に出る速度はそれよりも下がると認識しておいてください。
それらを踏まえて考えると、動画などもストレスなく閲覧できる500ギガの速度を常に利用したいなら、500ギガ以上の回線と契約した方がいいんです。
ということで、コミュファ光の場合は1ギガのプランがおすすめということになります。

コミュファ光の方が空いてる?

また、回線の混雑という点で考えた場合、コミュファ光とauひかりならどっちが混雑しやすいかというと、auひかりです。
なぜかというと、コミュファ光は東海エリア限定で提供されているサービスです。
一方auひかりは全国エリアで対応しているサービスです。
もちろんそのサービスの知名度も圧倒的にauひかりが勝っています。
そう考えると、auひかりの利用者が多いのは当然ですよね。
だからといってauひかりが混雑していて使えないということではなく、コミュファ光の方がより回線混雑の割合が少ないということです。

インターネットが最も利用されるのは、週末や夜24時までの時間帯になりますので、その時間帯はどこの回線でも利用が集中します。
もちろんコミュファ光もこれは同じですが、利用者数が少ないのでそれほど混雑の影響を受けにくいんですね。

キャンペーン

なんといってもコミュファ光はキャンペーンが魅力です。
こちらのサイトからの申し込みで最大120,000円が還元されます。




コミュファ光キャンペーン実施中!

また、通常25,000円かかる光ネット工事費も0円になります。
これらのキャンペーンも含めてトータルで考えた場合、東海地方にお住まいの方であれば、auひかりよりもコミュファ光の方がだいぶお得な気がしますね。

東海地方なら断然コミュファ光がおすすめ

ここまではコミュファ光とauひかりの違いなどを見てきましたが、総合的には東海地方の方はコミュファ光の方がおすすめ、という印象があります。
ここからはより詳しくコミュファ光のメリットとデメリットについて掘り下げていきたいと思います。

コミュファ光のメリット

auスマートバリューが適用可能

コミュファ光とauスマホを利用することで、auスマートバリューが適用できます。
auスマートバリューなら最大毎月2,000円の割引が家族のauユーザーにも適用できるので、とってもお得です。
もしauのスマホを利用しているのなら、フレッツ光やそのほかの光コラボサービスを利用するより、コミュファ光を利用した方が毎月の料金は絶対安くなりますよね。

プロバイダー込み

フレッツ光はネット回線をNTTと契約し、プロバイダーは別に自分で選んで契約します。
料金の支払いも当然2つ発生することになりますので、割高になるんですよね。
でもコミュファ光はプロバイダー込みのプランがありますので、全部ひとまとめにすることができますから余計な手間と料金が省けます。
もしも今まで使っていたプロバイダーをそのままどうしても使いたいという方には、プロバイダー別のプランもあるので安心ですね。

回線混雑が少ない

コミュファ光は東海エリアだけのサービスなので、フレッツ光などに比べて利用者が少ないです。
ですからその分回線混雑の割合も少ないので、速度が比較的安定している印象があります。
せっかくコミュファ光が利用できる東海エリアに住んでいるのに、わざわざ利用者が多いフレッツ光を使っているのは、もったいない気がしますね。

コミュファ光のデメリット

基本的な料金は若干高い

先ほどauひかりと料金を比較してみましたが、数百円の差ではあるものの、コミュファ光の方が料金は高いです。
ギガスタート割を適用すると安くはなりますが、auスマートバリューが適用できません。
ギガスタート割よりもauスマートバリューの方が恩恵は大きいので、auスマートバリューを優先した方がいいですね。

東海エリアでしか利用できない

これは仕方ないことですが、東海エリア以外の方はコミュファ光を利用することができません。
残念ですが、その場合はauひかりなどのサービスを利用しましょう。

利用者の評判は?

コミュファ光利用者のレビューを拾ってみました。

良い評判

・サポートの対応が良い
・ルーターが便利
・回線速度に満足

トラブルが起きてもサポートがしっかり対応してくれたというものが多かったですね。
また、提供されているルーターもなかなか評判が良いみたいです。
回線速度にも満足されている方が多かったです。

悪い評判

・開通までに時間がかかる
・30メガが遅くて使えない

開通工事については、どこの回線でも同じですが申し込みが込み合っている場合にはどうしても先の予定になってしまいます。
これは仕方のないことなので、なるべく余裕をもって申し込みをするしかないですね。
あと、土日などはできれば避けた方がいいようです。
回線速度については30メガはやはりちょっと厳しいみたいですね。
最近のホームページなどは容量も大きいですし、動画なども見るということであれば1ギガにしておくのが無難でしょう。

まとめ

以上、コミュファ光についてのまとめでした。

・東海地方に住んでいる
・auスマホを使っている
・フレッツ光から乗り換えを考えている

このような方はコミュファ光がおすすめですね。
そして、コミュファ光を使うならauスマホにして毎月の料金をできるだけ安くするとお得になります。
もちろんキャッシュバックもしっかり受け取りましょう!

>>コミュファ光キャンペーン実施中!